弁護士とのつき合い方

まだまだ売掛金回収には、いろいろな方法があり、相殺による回収という方法があります。相手に買掛金がある場合ですが、売掛金と買掛金を相殺し、実際に回収という形をとることが出来ます。相殺は、別に相手の同意がなくては出来ないという問題ではありません。破産や民事再生を相手がしていたとしても大丈夫です。

商品引き揚げによる回収という方法もあります。相手の同意を得、販売した商品を引き揚げることも方法の一つとして考えてみてはどうでしょうか。もしも、相手がお金を持ってないとしても回収不可能ということではなくて、相手が第三者に対し売掛金を持っているなら、売掛金を譲渡してもらうことが出来ます。

そして、いろいろな方法で売掛金回収をしたものの成功出来なかったという場合において、訴訟によって売掛金回収という方法があります。ただし公正証書、支払督促、民事調停、少額訴訟、強制執行(差し押さえ)などなど、実際に売掛金回収も簡単ではないのです。

売掛金回収の最大なるポイントがスピードなら、やっぱり自分で法律を勉強することからスタートするよりも、手っ取り早い方法として、弁護士に相談することを考えてみるべきではないでしょうか。企業人としていい弁護士とのつきあい方をしたいものです。

Published by